■TOPへ■


☆ゲーム大賞2001投票結果☆
投票へのご協力ありがとうございました!
・・・去年とレイアウトが変わっていない?気のせいです!w

※この投票は2001年1月1日〜12月31日までに発売されたゲームソフトを対象に行なわれました。
※投票総数96票、内無効票が2票ありました。

★第1位(12票)★
メタルギアソリッド2〜サンズ・オブ・リバティ〜
単独潜入、極限の緊張感
MGS2
機種:プレイステーション2
発売日:2001年11月29日
ジャンル:ACT+ADV
メーカー:コナミJAPAN
価格:9800円(限定版)6800円(通常版)
必要ブロック数:80KB以上
 小島秀夫ファン待望の一作。相変わらず演出の巧みさには脱帽させられる。随所に散りばめられたケレン味たっぷりの仕掛けも、ファンならば思わずニヤリとするところ。続編ではあるが前作での「シャドーモセス島事件」の顛末を綴ったドキュメンタリー小説なども織り込まれており、今作から初めてプレイする人への配慮もしっかりなされている点は好感を持てる。
 シナリオ面を見ると、終盤の展開が強引過ぎたり説明的台詞が多すぎたりと、不満の声も聞かれる。また、途中で主人公が入れ替わる辺りも酷評する声が多いようだ。
 とは言うものの、ゲームとしての出来そのものはやはり群を抜いている。ハリウッド映画のような演出とストーリーで魅せる一方で、いろいろな楽しみ方ができる懐の深さも兼ね備える。未経験者も是非プレイすべし!


★第2位(10票)★
ファイナルファンタジー10
わたし、シンを倒します。必ず倒します
FF10
機種:プレイステーション2
発売日:2001年7月19日
ジャンル:RPG
メーカー:スクウェア
価格:8800円
必要ブロック数:64KB以上
 今さら説明する必要すら感じない、「国民的RPG」の双璧を担うファイナルファンタジー。今回はその10作目。正直、最初にゲーム画面などが公開された時点では、シリーズ中最大の失敗作と酷評する声が強い「8」と、実に似た雰囲気を漂わせていたので不安を感じた。
 しかし、実際にプレイしてみるとそれは杞憂に過ぎなかったことを知ることになる。よくPS以降のFFを評して「ゲームの出来のまずさをグラフィックで誤魔化した駄作」と言う人が居るが、今作は「グラフィックで誤魔化した」ではなく「グラフィックに極限まで拘った」作品であると思う。かつて、髪の毛の一本一本、毛穴の一つ一つまで表現しきったポリゴンキャラがあっただろうか?一度、このゲームのキャラを見てしまうと、他のゲームのポリゴンキャラなどマネキン人形にしか見えなくなってしまうだろう。
 PS2の性能に甘えることなく、逆にその性能を限界まで引き出した開発陣に拍手。


★第3位(9票)★
サクラ大戦3〜巴里は燃えているか〜
太正十五年。巴里に咲くもう一つの「花組」が誕生する
sakura_wars3
機種:ドリームキャスト
発売日:2001年3月22日
ジャンル:ADV+SLG
メーカー:セガ/オーバーワークス/レッドカンパニー
価格:9800円(限定版)7800円(通常版)
必要ブロック数:11ブロック以上
 大人気ギャルゲー(一部にギャルゲーではないと主張する声もあるが、とりあえずこう呼ばせてもらう)「サクラ大戦」。今作はハードをDCに、舞台を帝都から巴里に移しての第3弾。
 発売前は、各ヒロインが大幅に入れ替わったことを不安視する声も聞かれたが、蓋を開けてみれば、すでに製造中止が決定したDCというハードにあって30万本を超える大HITを記録した。
 この作品は、アニメーションムービーとCGとを融合させる手法の、一種の到達点であるとの声も聞かれる。ゲーム全体が3D化に向かう時代にあって、2Dの良さを再認識させた功績は大きい。(と言っても3Dも含まれているのだが)
 次回作、「サクラ大戦4」もDCでの発売がすでに決定されている。是非、DC引退の花道を飾るべく、傑作を期待したいところだ。


★第4位(8票)★
ときめきメモリアル3〜約束のあの場所で〜
微笑みを下さい。運命のその日に、想い出の場所で・・・
tokimeko3
機種:プレイステーション2
発売日:2001年12月20日
ジャンル:SLG
メーカー:コナミTYO
価格:9800円(限定版)6980円(通常版)
必要ブロック数:272KB以上
 色々な意味で、発売前から話題には事欠かなかったこの作品。一言で表現するなら「実験作」。
 まず、ゲームファンのみならず経済からも注目された「ゲームファンド」という、新たな開発資金調達方法。さらに、「ギャルゲーは2Dアニメ絵」との固定観念を打破した「リアルタイムトゥーンシェーディング」の採用。OP・ED曲にはZARDを、ゲーム内の音楽には羽田健太郎氏を起用・・・
 従来のときメモシリーズとは明らかに一線を画している。これに対する市場の反応は非常に鈍く、ゲームファンドの元本割れも危惧されている。やはりと言うか、案の定と言うか、3D化されたキャラへの違和感が購入意欲を削ぐ結果に繋がったようだ。
 実際にプレイしてみると、キャラへの違和感は1時間程度もあれば感じなくなる。服装システムは余分だが、趣味コマンドで出来ることも多く、なかなか楽しめる。特殊イベントの発生条件を突きとめたり、某隠しキャラの攻略条件を発見するなど、やり込み派であれば、どっぷりハマれることだろう。また、EVSは確実に進化しており、かなり自然な発音をしてくれる。


★第5位(7票)★
ファンタシースターオンラインver2
「はじめまして」から始まるRPG
PSO2
機種:ドリームキャスト
発売日:2000年6月7日
ジャンル:オンラインRPG
メーカー:セガ/ソニックチーム
価格:4800円
必要ブロック数:45ブロック以上
 発売以来、数多くの人々を睡眠不足へ、数多くのインターネットサイトを開店休業状態へと追い込んだファンタシースターオンライン。これはそのマイナーチェンジ版。
 前作をプレイした人はキャラ以降させることが出来る一方、新規プレイヤーは今作だけでもプレイ可能な点が嬉しい。無論、オフラインプレイも可能。しかしオンラインでプレイしてナンボであるのは前作同様。
 ロビーでサッカーが出来たり、凶悪な難易度を誇る「アルティメットモード」の追加などがなされているが、具体的な変更点はやはり「マイナーチェンジ」の域を出ない。
 PC版も発売され、NGCでの発売も予定されているPSOだが、今後どのような進化を見せてくれるのか、注目していきたいところである。

★第5位(7票)★
真・三国無双2
一騎当千、極まる
sangoku_musou2
機種:プレイステーション2
発売日:2001年9月20日
ジャンル:ACT
メーカー:コーエー
価格:6800円
必要ブロック数:200KB以上
 発売から4ヶ月を経過した今でも、まだ週に1万本以上を売り上げているロングセラータイトル。
 三国志の世界で、各武将となって文字通り「一騎当千」の大活躍をするという三国志ファン垂涎の逸品だが、別に三国志ファンでなくても楽しめるだろう。いや、むしろコアなファンだと、史実との違いなどに目が行って、純粋には楽しめないかもしれない。どちらにせよ、これはコーエーお得意の「歴史SLG」ではなく、1対多で戦うアクションゲームであるので、お間違われなきように。
 考えてみると、昔は多かった「1対多の格闘アクションゲーム」と言うのが珍しくなっているようにも思える。その辺りがこの作品がHITした要因なのかもしれない。

★6位以下の作品★
第7位(6票)
ときめきメモリアル2substories
〜MemoriesRingingOn〜(PS)
第8位(3票)
機動戦士ガンダム 連邦vsジオンDX(PS2)、 スーパーロボット対戦α外伝(PS)、MaildeQuest〜虹色の夜〜(PC)
第11位(2票)
グランツーリスモ3(PS2)、ICO(PS2)、デビルメイクライ(PS2)、AIR(DC)、セガガガ(DC)
第16位(1票)
電車でGO!新幹線 山陽新幹線編(PS2)、レガイアデュエルサーガ(PS2)、鬼武者(PS2)、Rez(PS2・DC)、スーパーロボット大戦α for Dreamcast(DC)、カルドセプトセカンド(DC)、ハンドレッドソード(DC・PC)、サモンナイト2(PS)、スーパー特撮大戦2001(PS)、大乱闘スマッシュブラザーズDX(NGC)、ナポレオン(GBA)、逆転裁判(GBA)、バーチャファイター4(AC)、DIABLO II EXPANSION SET(PC)、吸血殲鬼ヴェドゴニア(PC)、遙かなる時空の中で(PC)、Zwei!(ツヴァイ)(PC)、君が望む永遠(PC)