■TOPへ■


☆ゲーム大賞2000投票結果☆
投票へのご協力ありがとうございました!

※この投票は2000年1月1日〜12月31日までに発売されたゲームソフトを対象に行なわれました。
※投票総数107票、内無効票が8票ありました。
※無効票の多くは対象外のソフトに投じられた票でした。

★第1位(12票)★
Kanon〜カノン〜
深い雪に覆われた街で語られる、小さな奇跡の物語
Kanon
機種:ドリームキャスト
発売日:2000年9月14日
ジャンル:ADV
メーカー:NECインターチャネル/Key
価格:6800円
必要ブロック数:4ブロック
’99年にPCで発売され大人気となった作品の移植。

サウンドノベル系のADVであり、ゲームとしては選択肢を選んで行くだけの単純なものではあるが、特筆すべきは、そのシナリオと音楽。よく、この手の恋愛ゲームに対して「現実的でない」といった批判が聞かれるが、このゲームをやれば、その種の批判がどれだけ的外れなものかを実感することができる。この物語は決して「現実的な恋愛劇」などではない。言うなれば「現代版お伽話」なのである。誰が「鶴の恩返し」を指して「現実的でない」などと言うであろうか?ファンタジーはファンタジーとして割り切るべきであろう。

また、音楽も非常に良い。しかも単に良いのではなく、各場面に絶妙にマッチしており、演出における音楽の役割を再認識させられる。

是非、厚手のハンカチをご用意の上でプレイしていただきたい。


★第2位(9票)★
ガンパレード・マーチ
それが世界の選択である
GPM
機種:プレイステーション
発売日:2000年9月28日
ジャンル:SLG
メーカー:SCE/アルファシステム
価格:5800円
必要ブロック数:4ブロック
SCEが発売元であったにもかかわらず、TVCMすら打たれず(なんでも開発費がかかり過ぎて宣伝費用が無かったらしい)また、この1ヶ月前にドラゴンクエスト7という、超大作がリリースされたとあって、各ゲーム雑誌もその攻略に追われており、このゲームを取り上げるところは無かった。よって前評判などは皆無。ほぼ、誰からも期待されずにひっそりと発売された。事実、初回出荷数は1万本にも満たなかったそうだ。
しかし、その1万本弱は即日店頭から姿を消した・・・ごく一部の、嗅覚の鋭いコアゲーマーはこのソフトを見逃さなかったのだ。そして、このソフトは彼らに火を付けてしまった。

そもそも、コアゲーマーという人種は、そう簡単にゲームを誉めたりはしない。たとえ、充分に面白いソフトであったとしても、どこかに難癖を付けたがるものだ。ところが、このソフトに関しては「べた誉め」であった。それどころか完全に狂信者と化し、他者に布教する者が続出した。
翌週からの約5000本/週の出荷は、店頭消化率90%超という驚異の数字を叩き出し、発売から2ヶ月もの間、品薄状態が続き、ついにアルファシステムの言うところの「大勝利ライン」まで到達してしまう。一体、何が彼らを突き動かしたのだろうか?それは、「新しい、そして面白いゲームがやりたい」という、単純かつ真剣な願いに他ならない。

2000年のゲーム市場を振り返ると、大作ゲーの続編やらキャラゲーやらの売上がやたらと目に付く。あるいは「Mr.ドリラー」のような「ゲームの原点」的な作品もよく売れた。だが、このソフトはそのどちらでもない。非常に実験的な作品である。この種の作品は誰からも評価されず、闇に葬られるのが常であり、それはメーカー、あるいはクリエイターが「新しい」ゲームを生み出す気力を削いできた。だが、このソフトはその運命に打ち勝ったのだ。

まだ、「新しい、誰も見たことのない、しかし誰もが夢見るゲーム」が現れる余地はあるのか?
その答えはYesである!

21世紀のゲームはまだまだ進化を続けるのだろうか?
その答えはYesである!


★第3位(8票)★
Air
彼女が待つ、その大気の下へ
AIR
機種:PC(Windows95,98,2000)
発売日:2000年9月7日
ジャンル:ADV(18禁)
メーカー:Key
価格:8800円
HDD容量:250MB以上
CPU:Pentium100MHz以上
メモリー:16MB以上
Kanonを世に送り出したKeyの最新作。季節は冬から真夏へと移っているが、基本的なスタンスはKanonと同様。田舎町を舞台に不思議で感動的な物語が語られる。

シナリオ面では、すでにこの「Kanon的」手法というのが、昨年来、ノベル系ギャルゲーにおいて使い尽くされた感があるためか、さほどの目新しさは感じられない。が、そこはそれ、本家本元なだけあって完成度の高さは他の追随を許さない。また、音楽の良さにはさらに磨きがかかっている。

なお、このゲームは18禁ではあるが、Kanonと同じくH度は低い。なぜ、わざわざ18禁でリリースしたのか理解に苦しむほどである。そろそろ家庭用機で勝負に出ても良いと思うのだが・・・


★第3位(8票)★
ファンタシースターオンライン
英雄は、一人じゃない
PSO
機種:ドリームキャスト
発売日:2000年12月21日
ジャンル:オンラインRPG
メーカー:セガ/ソニックチーム
価格:6800円
必要ブロック数:45ブロック
家庭用ネットゲーで最高の出来。そう断言できるほど完成度が高い。対戦料金も月400円と安く、接続も一般のプロバイダが利用できるとあって、テレホーダイなどを利用すれば安く済む。

なによりも、プレイヤー同士で会話をしながらの冒険は予想以上に楽しい。ネット”対戦”ゲームは多いがこれはRPG。相手は敵ではなく仲間なのだ。強敵に出会った時、この仲間の存在が実にありがたく思える。連帯感を感じてしまうほどである。PK(プレイヤーキラー)不能としたのは、おそらく大正解であろう。さらに、各職業ごとの特徴もはっきりしているので、パーティ内における役目も、斬り込み役、後方援護役、サポート役といった具合に、自ずと定まってくる。これは、純粋にロールプレイング(役割を演じる)ゲームなのである。
また、このゲームはどちらかと言うとウィザードリィやシレンに近く、レベル上げやアイテム集めにハマってしまうとなかなか抜け出せないという中毒性も持っている。まさに100時間楽しめるゲームである。

オリコンの2000年のゲーム市場を総括した記事に次のような一節があった。
「今年のゲーム市場は商業的にはソニーの大勝。内容的には任天堂の圧勝であった。そんな中、セガは今年も一人でせっせと”ネット”という種を蒔いて回った。天才のやることは常に早すぎるのである」
このゲーム、実を言うと今のところ、さほど売れてはいない。これだけ面白いゲームであるのに、やはりネットという敷居の高さとDCの普及率の低さは大きな障害なのだろう。だが、是非セガには頑張ってもらいたい。このゲームが商業的に失敗するようであれば、家庭用機へのネットゲーの浸透は大きく立ち遅れることになるだろう。ここが21世紀のゲームの流れを決める分水嶺なのだ。


★第5位(7票)★
テイルズ・オブ・エターニア
永遠の物語
TOE
機種:プレイステーション
発売日:2000年11月30日
ジャンル:RPG
メーカー:ナムコ
価格:6800円
必要ブロック数:1ブロック
※ポケットステーション対応
テイルズシリーズの最新作。このシリーズ、相変わらずエンカウント率が高めで戦闘もハード。しかも戦闘システムがアクションゲームや格闘ゲームのようになっているので、テイルズ初体験の人は馴れが必要。1度馴れてしまえば戦闘が楽しくなる。普通、この手のシナリオ重視型RPGでエンカウント率が高くなると、ダラダラと冗長な印象になってしまうものなのだが、このシリーズにはそれがない。それには、この「格ゲー風戦闘システム」に拠るところが大であろう。

ハードの進化が進み、グラフィックのクオリティも上がった現在、すでに文字だけの戦闘システムは古いのだろう。文字に拠らず、視覚だけで必要な情報を読み取ることが可能な以上、コマンド選択方式などよりも、直感的な操作が可能なシステムが評価されるのは当然かもしれない。

ゲーム内容としては、過去のテイルズシリーズと同様に、正統派といって良いストーリー展開に、山ほどのミニゲームと無難な作り。アニメ的な演出にはどうしても馴染めないという人以外は安心してプレイしてください。

★6位以下の作品★
第6位(6票)
ときめきメモリアル2substories〜DanceingSummerVacation〜(PS)
第7位(4票)
ダービーオーナーズクラブ2000(AC)、 スーパーロボット対戦α(PS)
第9位(3票)
アーマード・コア2(PS2)、beatmania 2DX 3rdstyle(PS2)、ファイナルファンタジー9(PS)、ギルティギアX(DC.AC)、DIABLO2(PC)
第14位(2票)
燃えろ!ジャスティス学園(DC)、実況パワフルプロ野球7(PS2)、ドラゴンクエスト7(PS)、風来のシレン2(64)、ポケットモンスタークリスタル(GB)
第19位(1票)
グラディウスIII&IV(PS2)、劇空間プロ野球(PS2)、ペルソナ2 罰(PS)、北斗の拳(PS)、夢のつばさ(PS)、機動戦士ガンダム・ギレンの野望 ジオンの系譜(PS&DC)、グランディア2(DC)、全日本プロレス・ジャイアントグラム2000(DC)、エターナル・アルカディア(DC)、20世紀アリス(PC)、とらいあんぐるハート3(PC)、AGE of EMPIRES II(PC)、パラパラパラダイス(AC)、beatmania IIDX 4thstyle(AC)、電脳戦機バーチャロン オラトリオタングラム Ver5.66(AC)、DEATH CRIMSON OX(AC)